豆乳で胃痛が起きる理由

こんにちは!ヨツバです。

先日、胃痛の原因が豆乳だった話を書きました。

胃痛の原因は、ナッツではなく豆乳でした
こんにちは!ヨツバです。 また胃が痛くなりました… 先日、ミックスナッツの食べ過ぎが原因で 胃痛になったという記事を書いたばかりなのですが。 この時の胃痛は、ナッツだけが原因ではなかったんだ! と思わせ...

それに気づいて以来、一度も豆乳を飲んでおらず、
見事に胃痛は起きていません。

今思うと、胃痛は起きても下痢しているわけではなく、
吐き気のようなものもというのも無くて、
3時間ほどで痛みも治まりました。

でも、豆乳を飲んでから30分~2時間くらいは、
みぞおちや胃のあたりがぎゅっと痛む感じが続いて
かなり苦しかったのです。

それって…結局のところ、何だったんだろう!?

冷たいまま飲むのがよくない?

豆乳が体に合わない?

お豆腐や納豆、油揚げ、大豆の煮ものなど
豆乳以外の大豆製品もほぼ毎日ず食べているのですが
それは特に影響がないみたいです。

ネットで調べてみると、
「調整豆乳だと胃痛が起きる」
という人は多いようでした。

調整豆乳は、大豆油などの植物油脂や、
砂糖、食塩などが入っているものらしいのです。

でも私は、それらが入っていない
”無調整豆乳”しか飲んでなくて。

ということは…

豆乳そのものに問題があるというよりも、
やはり「豆乳を飲みすぎたこと」が、
良くなかったのだという結論に達しました。

1日コップ1杯程度だったのですが、
そこにプロテインや黒ごまきなこなどを溶くことで
脂質・タンパク質を一度に摂っていました。

考えたら、それって消化に良いかというと、
そうではないものですよね…

たとえ体にいいものでも過剰摂取は良くないと、
食生活を意識してからとても実感していて
気を付けていたつもりでした。

相当、胃腸に負担をかけていたのかも。

あらためて気を付けていきたいです。