かゆみの原因は毎日食べているものだということ

こんにちは!ヨツバです。

少し前のことですが、
久しぶりに友人に会って近況報告しあいました。

会うのが3年ぶりだったもので、
私が食生活を変えたことで、ニキビやじんましん、
アトピーや鼻炎などのアレルギー症状が治ったこと、
体調がとても良いことを話すととても驚いてました。

それまでは会うたびに、
身体のあちこちの不調を報告しあっては、
すべて年齢のせいにしてましたから…!

その友人の旦那さんが、
「最近夜になると眠れないほど体がかゆくて、
腕をかきむしっている」
そうなんです。

…私もそうだった!

と、旦那さんが食べているものを聞くと、
以前の私と同じようで。

ラーメンや菓子パン、揚げ物、
甘いもの、スナック菓子なんかが大好きらしく。

私にとって「かゆみの原因だった」と言い切れるものを
毎日たっぷり食べている生活をしているそうです。

私も以前はもりもりと食べていたし、
まさかそれがかゆみの原因だとは思ってなかったもの。

でも、それらを一切食べなくなったら
ピッタリとかゆみはおさまり、
体調もすこぶる良くなったのが「事実」です。

だから私は、
「かゆみの原因は毎日食べているもの」
だということを、確信しています。

なので、私なりに…

「もし、かゆみを何とかしたいと思っているなら
毎日食べているものを減らしてみたり、変えてみるといいかも?
具体的には、小麦粉メインの炭水化物の量を減らして、
砂糖や植物油を使っている食べ物を減らしてみたら、
私みたいにかゆみがおさまるかもしれないよ!」
ということを話すと、
友人は「旦那に言ってみる!」と言っていました。

スポンサーリンク

その後のことは、友人から報告がありました。

旦那さんは、自分の食事内容に思い当たりすぎて、
「そりゃそうだよね~!」と、かなり納得していたそう。

ただ、いざ今日は何食べる?となったら、
やっぱりラーメンが食べたくなったそうで。

友人が「今日はラーメンをやめてみたら?」と言ったら、
「好きなものを食べられなくなるくらいなら、
かゆいのを我慢するほうがマシ!!!」
と言っていたそうです!

それ、すっごーくわかります!!!

私も最初はそうでした。

食べたいものを食べるのって、
本当に幸せな時間だから…!

でも、眠れない辛い夜を過ごすのは
本当に本当にきつくって…
夜中に何度も我慢できないかゆみで目を覚ましては
保冷材でかゆい箇所を冷やしながら、
ひとりシクシクと泣いていた私です。

寝不足が続いてずっと体調も悪くて
毎日が地獄でしたから。

かゆみが治るなら何でもする!という思いで始めたのが
食生活の改善。

小麦粉、砂糖、植物油脂、添加物をやめてみて、
翌日にはもう体の変化を感じて。

3日目には明らかにかゆみの面積が小さくなって。

1週間後には、
夜中に起きることなく、朝まで眠れていました!

そんな話を、友人の旦那さんにも伝えたい!
って思うくらいなのですが、
食生活は毎日の積み重ねであって、
生きてきた時間のすべてが自分の食生活であって、
食生活=習慣であって、
習慣というものは人から言われたところで
すんなり変えられるものではない、ということは、
私自身が一番わかっています。

本人がそれを変えたいと思っていなかったら当然!

そもそも、友人の旦那さんのかゆみの原因は
もしかしたら食べ物ではなく、別の原因かもしれません。

でも、かゆみに悩んでいる人が、
「毎日食べているものが原因のひとつかもしれない」
と思って、食事を改善してみるのは、
決して無駄ではないし、
体に良いことなら試す価値があると思うのです。

すっかりかゆみから解放された今の私は、
「食べられないものを食べられないなんて」
という考え自体が、そもそも湧きません。

それは「食べたいもの」が変わったから!

私が食べたいと思うものは…

「ラーメン」ではなくて「十割そば」だったり。

「揚げ物」ではなくて「新鮮なお刺身」だったり。

「甘いカフェオレ」ではなくて「豆から淹れたコーヒー」だったりします。

「食べたいものを食べたい」
美味しいものを見つけて楽しみたい」
という気持ちは、むしろ今の方が強いのです。

そして、毎日食べているものが今の私を作っているから、
今の私は調子がいい!のです。

それに気づけて良かったなぁと、
つくづく思う、今日この頃です。